search search
contact contact

2018.11.17

生活雑貨|パウダリーアロマFuku香

Aroma RUB

CREATION STAFF
ART DIRECTION 竹内直人
DESIGN 竹内直人
ILLUSTRATION 野村朱里
COPY WRITING 加藤祐子
PHOTOGRAPH 花田ケンイチ

パッケージデザイン制作実績

商品の魅力と想いがターゲット層に響くようコーディネイト

広島県福山市のオーガニックアロマサロン「Aroma RUB(アロマラブ)」さまのアロマ商品パッケージデザインをリニューアル制作し、
「パウダリーアロマ〈Fuku香〉」が生まれ変わりました。
LIGHTS LABで個別パッケージ、ギフトパッケージ、店頭販売用テスターボトル、リーフレット、コピーライティング、イラストレーションを手がけ、
コーディネート。大人の女性に向けた「シック」で「エレガント」な雰囲気にまとめました!

リブランディングの側面もあったため、4つのステップ(〈1〉ターゲットとコンセプトの確立→〈2〉キャッチコピー作成→〈3〉ブランドカラーの設定→〈4〉デザインへの展開)に分けてプロジェクトを進行。
パッケージデザイン刷新後、さまざまな店舗等で取り扱っていただけるようになり販路が多様化したとのことで、制作者一同、幸甚です!

以下では、4つの制作ステップの詳細とデザインのねらいをたんまりお伝えします。

1.ターゲットとコンセプトの確立

●ターゲットイメージ
40代前半のキャリアある大人の女性。自分の時間の楽しみ方を持っている女性。
●商品に込められた想い
福山のブランドとして、香りで地域活性、地域の魅力を発信したい。どこにいても福山が感じられるものにしたい。

上記のAroma RUBさまが目指されていたゴールを踏まえ、「」をテーマに打ち立て「頑張っている自分にご褒美を。日常にちょっと特別な時間を」というコンセプトを確立させました。ご褒美・特別な時間=旅(体験・小旅行)というわけです!

2.キャッチコピーの作成

そして、テーマに沿ったキャッチコピーを新たにつくることで、コンセプトの理解を深めます…!
●キャッチコピー
「香りと暮らす。~この香りが、私を福山に連れていく~」

3.ブランドカラーの設定

旅を思わせる「空」、瀬戸内を連想させる「海」。それらから「青色」を導き出しました。
ターゲットは大人の女性なので、落ち着きあふれ高級感ある「ネイビー」を選択。ネイビーは色彩心理学で「心を静かにして落ち着かせてくれる効果」があるといわれています。偶然の結実ではありますが、アロマがもたらす効果とリンクしました!万歳!

4.伝わるデザインへの展開

1.~3.を各制作物へと展開し、統一感を演出しました。以下でさらに解説します!

Individual-package-design
package-design-near

デザインの解説

■ 個別パッケージ
パウダーそのものと爽やかな香りを想起させる白い上質紙シールラベルに、香りの名前・配合等を記した情報を印刷し、白のアルミ蒸着袋にペタリ。
文字だけではなく、絵手紙のように3種の香りを象徴するイラストと、各香りのイメージカラーをアクセントに配しデザインをまとめました。
肝心のアロマパウダーは不織布と白のパラフィン紙(※)で包み、香りの名前とイメージカラーを配した正方形のシールを貼り付け、商品本体も爽やかな仕上がりに。
※パラフィン紙…別名ワックスペーパー、薬包紙。半透明で表面がツルツルの紙です。ドーナツを買ったらついてくる紙がパラフィン紙です(笑)

また店頭販売時には香り別に陳列できるよう、ブランドカラーであるネイビーのファンシーペーパー(特殊紙)で組み立てたディスプレイアイテムを設計しました。
〈ファンシーペーパーの銘柄:タント〉

■ ギフトパッケージ
「Fuku香」のテーマは「旅」。ゆえにネイビーのファンシーペーパー(特殊紙)にトムソン加工(ビク抜き加工)を施し、トランク型に仕上げました!トランクの取っ手部分には、福山でつくられている伝統工芸品の「眞田紐」を結びつけています。
中面には3つの香りが1袋ずつ入る内ポケットを配置し、「Fuku香」のロゴを始め、中面にはメインコピー、ブランドコンセプトとストーリーを白インキで印刷。パッケージを展開すれば、そのまま店頭ディスプレイとしても活用できるよう工夫しました。
〈ファンシーペーパーの銘柄:タント〉

■ 店頭販売用テスターボトル
店頭に並べる香りのテスターには、ネイビーの既製ボトルを選定し、シールラベルを貼り付けました。パウダー入りテスター(ミニボトル)のシールは、パウダー包紙に貼るシールと同じデザインです。

■ リーフレット
表紙と裏表紙では「空のひろがり」「海の深さ」「漂う香り」を「青色」で連続的かつ包括的に表現。商品写真と「Fuku香」のストーリー・コンセプト、香りの種類や楽しみ方といった情報を端的にまとめました。ちなみに文字色はネイビーです。
〈サイズ:個別パッケージと同サイズ(ECの単品販売の際、商品と一緒にコンパクトに同梱できるように!)〉
〈仕様 :両開き観音8P〉

パウダリーアロマFuku香03_LLG
パウダリーアロマFuku香04_LLG

パウダリーアロマ「Fuku香」とは

天然オーガニック成分100%のエッセンシャルオイル(精油)をパウダー状にし、紙(と不織布)で香りを包み込んだアロマバッグです。
「香りが記憶を呼び起こす」というプルースト効果を利用した広島県福山市のお土産商品として開発されました。

「生業である”アロマの香り”で福山の情景を呼び起こし、私の大好きな福山を全国の皆さんに知っていただきたい!」

そんな宮澤さん(Aroma RUB代表)のあふれる福山愛がぎゅぎゅっと詰まった商品です…!
洋服のポケットに入れて香りをまとったり、名刺ケースに入れてビジネスシーンを華やかにしたり…携帯性に優れ、いつでもどこにでも連れていけるので、ほのかな香りをお好みでお楽しみいただけます。パウダーを水に溶かせば、ルームアロマミストにもなるとか!
~まだ見ぬ、また行きたくなる福山が思い浮かぶ3種の香り~
●ノスタルジックアロマ Tomonoura
●リッチアロマ Rose
●シトラスアロマ Setouchi

▼実際の商品は〈ふく香ECショップ〉よりお買い求めいただけます
https://aromarub.shopselect.net/
▼開発ストーリーをもっと知りたい!という方はコチラ:クラウドファンディングCAMPFIRE
https://camp-fire.jp/projects/view/59791#menu
※募集は終了しております

パッケージデザインご依頼の経緯

旧パッケージデザインは本来のターゲット層にマッチしておらず、訴求を見直したい、ということで中国経済産業局が主催する「暮らしにいいモノプロジェクト」を通じてご依頼いただきました。
▼詳しくはコチラ:暮らしにいいモノプロジェクト公式HP
https://00m.in/TQ4La

AWARD~受賞歴~

●2018年
第39回 広島広告企画制作賞SP部門グラフィックⅣ 立体特殊印刷の部「銀賞」
●2019年
日本パッケージ大賞「入選」
●2021年
ひろしまグッドデザイン賞17thパッケージ部門「奨励賞」

同一デザイナーその他の実績はこちら(一部抜粋)

■ パッケージデザイン|アイスのトモ(田中食品株式会社さま)
https://lights-lab.jp/performance/performance-1129/
■ 販促ポスターデザイン|アイスのトモ(田中食品株式会社さま)
https://lights-lab.jp/performance/performance-1173/
■ ロゴデザイン|A.K.I(山本章博さま)
https://lights-lab.jp/performance/performance-820/

制作メンバー

その他の実績

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp