search search
contact contact

2021.04.19

ノベルティ制作実績|すごろくで遊びながら学校を知る

広島女学院中学高等学校

CREATION STAFF
CREATIVE DIRECTION 三瀬純也
ART DIRECTION 野村朱里
DESIGN 野村朱里
COPY WRITING 三瀬純也
ILLUSTRATION 野村朱里

楽しく遊びながら学校のことを知ってもらう「なりきりすごろく」

広島女学院中学高等学校さまのノベルティグッズを企画・制作しました。その名も「なりきりすごろく」。
オープンスクールや校外イベントなどで配布するノベルティで、女子児童を対象としています。
配って終わりのノベルティではなく、「すごろく」で楽しく遊ぶことを通じて、まだ見ぬ広島女学院中学・高校生活の6年間を疑似体験してもらいながら、学校のことを知ってもらい、興味を持ってもらうことがねらいです。
数カ所のマス中に、学校にまつわる“クイズタイム”を設置し、学校案内パンフレットや学校公式ホームページを見て探せば答えが分かる&より詳しく学校のことを知ることができるようなしかけを展開。
また、学校生活や行事に関わる内容だけでなく、「先生のものまねができるようになる」「ショック! お弁当に箸が入ってない」といった誰もが一度は経験する(した)であろう“学校あるある”マスを多数設けたので、保護者の方々もお子さんと一緒になって楽しめます。
「なりきりすごろく」を手にしたお子さんは、すごろくに釘付けになるとか。学校案内パンフレット・学校公式ホームページをじっくり見てもらう入口としてのノベルティグッズが完成しました。

Concept-方針-

中学受験の際、学校案内パンフレットや学校公式ホームページを主に保護者の方々がご覧になる中で、実際に受験し入学を希望するお子さんにも興味を持ってもらうためにはどうしたらいいか? という課題を解決すべく生まれたのが「なりきりすごろく」です。
「すごろく」というキーワードで企画がスタートしましたが、さいころを振ってコマを進めるだけの単純な「すごろく」では遊ばないと考え、ボードゲームの要素やさまざまな工夫を盛り込みました。

【さまざまな工夫】
●高校進学時にコマを替える(広島女学院は中学・高校で制服が異なります)
●コマを優位に進めることができる「ミラクルカード」
●学校のことを詳しく知るきっかけとなる「クイズタイム」 ※クイズ不正解の場合は「チャレンジアクション」という名のゆかいな罰ゲームあり
●共感の嵐を呼ぶ!?「学校あるある」マスの設置

IMG_9608_2
IMG_9610_2
IMG_9619_2
IMG_9629_2
IMG_9625_2
IMG_9632_2
IMG_9634_2
IMG_9637_2

Award-受賞歴-

★第42回 広島広告企画制作賞 SP部門グラフィック3【金賞】
〈入賞結果一覧ページ〉https://www.hiroshima-ad.jp/prize

Other-関連実績-

●学校関係の広報ツール
【広島女学院中学高等学校】https://lights-lab.jp/performance/performance-3028/
【修道中学校・高等学校】https://lights-lab.jp/performance/performance-484/

 

制作メンバー

その他の実績

コメントを残す

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp