contact contact

2018.12.22

プロローグ2:刷ルンジャー?刷レンジャー!

さてさて“おじさん”グッズを作ろう!と決まりました。

「じゃあ“おじさん”を戦隊もののレンジャーにしよう!」「せっかくなら印刷に関係するキャラクターにしたいね。」「『刷ルンジャー』だとありがちかな。」「ここは敢えて“刷れない”ことにして『刷レンジャー』にしよう!」

こんな感じで、“おじさん”は『刷レンジャー』と命名されました。

名前が決まれば、次はグッズの案出しです。「CMYKボールペンとかどうかな」「敢えての乱丁ノート?面白い!」「ロール付箋、欲しいね」と大盛り上がり。雑貨屋さんに『刷レンジャー』グッズが並ぶ様子が目に浮かぶようです。

商品候補を決めて、いざコスト計算!

…と意気込んで、勢いよく見積もりを出したのですが、どれもこれも、高っ! 到底売れる価格と思えない値段です。費用がこんなにかかるとは…。ここで私たちは、現実を目の当たりにして総青ざめ。在庫を抱えるのもリスクなのでロット数も増やせず、まさに八方ふさがりです。

どうなる商品開発Aチーム…。

その他の活動状況

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp