search search
contact contact

2022

03

01

【44】めぐらせる

こんにちは(=^x^=)
LIGHTS LAB のライターかとうゆうこです。
かとぅーとでも呼んでください。

いろいろと考える、頭を働かせる、あれこれ思案する
このように熟考する様子を
「考えをめぐらせる(めぐらす)」
「思いをめぐらせる(めぐらす)」
など「めぐる」を使って表現することがありますよね。

こうするべきか、ああするべきか…とベストな答えを探して脳内をぐるぐるぐるぐる回っているようなイメージですね。

頭の中でぐるぐる回っているのだから
「頭をめぐらせる(めぐらす)」
ともいえそうなのですが
これが「頭」になると
「頭(こうべ)をめぐらせる(めぐらす)」
となり
「頭を後ろに向けて振り返る。振り返って昔のことをしのぶ」
という意味になります。
「首(こうべ)をめぐらせる(めぐらす)」とも書き、意味は同じです。

さらに
「踵(きびす)をめぐらせる(めぐらす)」
になると
「かかとをくるっと返して、反対方向に向かって進む。後戻りする。引き返す」
という意味になります。
回れ右! のようなイメージですね。
こちらは「踵(きびす)を返す」とも言います。

同じ「めぐらせる(めぐらす)」でも
「何を」が違えばいろいろな意味になるのですね(=^x^=)

かとぅーは同じことを考え続けるのはあまり得意な方ではないので
めぐっても2〜3周くらいかなと思います(=^x^=)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
最後までお付き合いいただき
ありがとうございます(=^x^=)♡
ご意見・ご感想・ご要望などコメントもお気軽に☆

プロフィール

 猫と鮭と苺を愛するLIGHTS LABのコピーライターかとうゆうこです。タイトル通り気長に日本語検定1級を目指しているのですが、覚えた先から忘れていくので受かる気がしません。がんばるぞ! ま、1級じゃなくても日本語愛は変わりません♥
 このブログでは、実用的で今すぐ役立つ日本語情報!…ではなく個人的にアンテナに引っかかった日本語アレコレをお届けします。たまに日本語とは一切関係のないネタが出てくるかもしれません。
 お茶のお供に、殺伐とした気分の鎮静剤として(逆効果だったらすみません)さらっと読んでやってください。

最新記事

コメントを残す

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp