search search
contact contact

2021

08

30

【30】新たな~ぶり

こんにちは(=^x^=)
LIGHTS LAB
のライターかとうゆうこです。
かとぅーとでも呼んでください。

 

前回「~ぶり」について話したので

ついでといっては何ですが

今回も「~ぶり」ネタで。

 

ぶりぶりぶりぶり言っていたら

そろそろ照り焼きが食べたくなってきました(=^x^=)

 

 

「○年ぶりに全国大会に出場した」

「○日ぶりの晴天で、運動会は予定通り開催された」

「○カ月ぶりに自宅に戻ることができた」

など以前の状態や出来事が再び起こるような時に使われる「~ぶり」。

基本的には年月日など時間を表す語に付いて

どのくらいの時間が経過したかを表します。

 

つまり

「前回の状態や出来事から経過した時間(○年、○月、○日、○時間など)」+「ぶり」という表記になります。

 

 

ところが最近

「東京を訪れたのは、卒業旅行ぶり」

「同窓会ぶりに彼と会った」

「ホームランを打ったのは阪神戦ぶり」

など

「前回の状態や出来事」+「ぶり」といった使われ方が見られます。

 

 

後者のような使い方もそれなりに市民権を得てきているのか

違和感を感じないという人も増えてきているようですが

本来「~ぶり」は「時間を表す語」とセットで使うのが正しいとされています。

 

 

本来の使い方であれば

たとえば前回の状態がいつなのかを知らない場合でも

「○年も優勝してなかったんだ」とか「○日も雨が降り続いてたんだ」とか

具体的な数字で時間経過を感じることで、その重みや長さを感じられます。

(その時間を長いと感じるか短いと感じるかは個人差があるとして)

 

 

一方、新しい使い方の場合は

「東京を訪れたのは、○年前の卒業旅行ぶり」

などと時期を付け加えれば、前回からどのくらいたったのかが分かりますが

そうでなければ「いつ卒業旅行をしたのか」というように過去の出来事に対して共通認識がある人同士でしか、時間感覚を共有しづらいですね。

 

 

いずれにせよ「卒業旅行ぶり」というような使い方は本来正しいとは言えない表現ですから

「東京を訪れたのは卒業旅行以来、○年ぶり」

という言い方が分かりやすいかもしれませんね(=^x^=)

 

 

しかし言葉というものは誤用とされる使い方がいつしか広まって

そのうち正しい使い方として認められるということもありますから

「卒業旅行ぶり」スタイルの「ふり用法」もそのうち辞書に掲載されるかもしれません。

 

 

ちなみに「~ぶり」は「満」で数えます。

たとえば「5年ぶりに店の営業が再開できた」のが2020年だとしたら

前回の営業日は5年前の2015年になります。

 

 

また年に一回しか開催されない大会などで

2020年に優勝し、翌年の2021年にも優勝した場合

確かに1年経過しているのですが

この場合は1年以内には優勝できる機会自体がなかったわけですから

1年ぶりに優勝した」とは言わず

通常は「連覇」「2年連続」などと表現します。

 

 

ではオリンピックを例に挙げてクエスチョンです(=^x^=)

2024年のオリンピックで「2大会ぶりの金メダル」を獲得した場合

前回の金メダルは何年のオリンピックで獲得したことになりますか?

 

答えは2016年ですね。

 

2016年に金メダル獲得(2大会前)

2020年は獲得ならず(1大会前)

2024年に金メダル獲得

ということです。

 

さらにその次の2028年にも金メダルを獲得した場合

2024年から4年たっての獲得ではありますが

オリンピックは4年に1回しか開催されないので

4年ぶりの金メダル」ではなく「2大会連続」というような言い方になります。

 

「~大会」は時間の単位ではありませんが

オリンピックの場合は1大会=4年というのが周知されているので

期間を表すということなのでしょうね。

 

 

ぶりぶりぶりぶり…頭が混乱してきますね。

今夜は照り焼きを食べてリフレッシュしてください(=^x^=)

 

 

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

最後までお付き合いいただき
ありがとうございます(=^x^=)♡
ご意見・ご感想・ご要望などコメントもお気軽に

 

プロフィール

 猫と鮭と苺を愛するLIGHTS LABのコピーライターかとうゆうこです。タイトル通り気長に日本語検定1級を目指しているのですが、覚えた先から忘れていくので受かる気がしません。がんばるぞ! ま、1級じゃなくても日本語愛は変わりません♥
 このブログでは、実用的で今すぐ役立つ日本語情報!…ではなく個人的にアンテナに引っかかった日本語アレコレをお届けします。たまに日本語とは一切関係のないネタが出てくるかもしれません。
 お茶のお供に、殺伐とした気分の鎮静剤として(逆効果だったらすみません)さらっと読んでやってください。

最新記事

コメントを残す

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp