search search
contact contact

2021

06

07

【22】こうしょう

こんにちは
LIGHTS LAB のライターかとうゆうこです。

かとぅーとでも呼んでください。

 

「性格」「正確」
「神」「紙」「髪」
など
発音が同じだけど意味が異なる言葉を

同音異義語 どうおんいぎご

といいます。

実は日本語検定の試験日が迫っているのですが
相変わらず準備不足で
毎度毎度
取る気はあるのか?
と責めたくなるレベルですが受検します

これまで二度受検し
前回でなんとか準1級をクリアできたのですが
目指すは1級

私が苦手とする領域は「漢字」と「表記」

表記というのは
文脈に沿った正しい表記かどうかを問われる問題で

たとえば

革命を景気として労働運動が活発になり、権利が主張された。

この文中の「景気」は正しい表記か?
正しければ○、正しくなければ×を記入せよ。

というような問題です。

この場合
「革命をきっかけとして」と解釈するのが正しいので
「景気」ではなく「契機」が正解。
よって「×」が正解。

よく使う表記ならある程度アタマに入っているのですが
記憶にないような言葉も出てくるので悩ましい…

対策すべくぼちぼち同音異義語を調べているのですが
一つの発音に対して最も多くの表記がある言葉って
何だと思いますか?
その言葉にはいくつの表記があると思いますか?

答えは
「こうしょう」
その数なんと40以上!

分からん…
パッと思いついたのは5個くらいかな…

皆さんは
「こうしょう」と読む言葉
いくつ書けますか?

以下に40語挙げておきますので
答え合わせしてみてください(=^x^=)

【口承】口づてに伝承すること。
【口誦】①くちずさむこと。②声を出して読むこと。
【工匠】①工作を職とする人。だいく。②工作物の意匠。
【工商】①工業と商業。商工。②職人と商人。
【工廠】軍に直属し、兵器・弾薬を製造する工場。
【公相】①三公と宰相。天子を輔佐する最高の官。②丞相の太師を兼ねる者。
【公称】①表向きに言われていること。一般に発表されていること。②おおやけの名称。
【公娼】公認された娼妓。
【公証】①公式の証拠。②特定の事実または法律関係の存否を公に証明する行政行為。【公傷】公務中に受けた負傷。
【巧匠】たくみな大工。
【巧笑】美しい笑い。愛嬌ある笑い。
【甲匠】具足師ぐそくしのこと。
【交床】煎茶に用いる釜敷。
【交渉】①相手と取り決めるために話し合うこと。かけあい。談判。②かかりあい。関係。
【交鈔】中国の紙幣。
【交睫】上下のまつげをあわせること、すなわち眼を閉じて眠ること。
【好尚】①このみ。嗜好。②はやり。流行。
【考証】昔のことを調べ考え、証拠を引いて説明すること。
【行省】(行中書省の略)中国、元代の中書省(中央行政官庁)の地方出先機関。
【行粧】化粧けしょうを施すこと。よそおうこと。
【行障】祭祀行幸または葬送などの時、御輿や霊柩の前後左右などを覆う白布。
【行賞】賞を与えること。
【厚相】厚生大臣の略称。
【厚賞】てあつい賞与。
【咬傷】かまれたきず。
【哄笑】大口をあけて声高く笑うこと。大笑。おおわらい。
【後章】後の章。後の箇条。
【後証】後日の証拠。
【洪鐘】おおきなつりがね。巨鐘。
【紅晶】紅色の水晶。
【校章】学校の記章。
【降将】降参した将軍。
【高声】(コウジョウとも)高い声。大声。こうせい。
【高姓】高貴の家。貴族。
【高尚】学問・言行などの程度が高く、上品なこと。
【高承】手紙文で、相手の承諾を敬っていう語。
【高昌】漢族が5世紀中葉にトルファン(吐魯番)地方に建てた植民国家。
【高商】旧制の高等商業学校の略称。
【高唱】声高くとなえること。大声でうたうこと。

パッと思い浮かばなくても
あ〜見たことあるな〜
という表記もあったのではないでしょうか(=^x^=)

普段、スマホやPCで文字を打つ時に
予測変換候補が出てきますが
意味を理解して使いたい表記を正しく選ぶことはもちろん
それ以外に出てくる候補にも
ぜひ注目してみてください(=^x^=)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最後までお付き合いいただき


ありがとうございます(=^x^=)♡

ご意見・ご感想・ご要望などコメントもお気軽に☆

プロフィール

 猫と鮭と苺を愛するLIGHTS LABのコピーライターかとうゆうこです。タイトル通り気長に日本語検定1級を目指しているのですが、覚えた先から忘れていくので受かる気がしません。がんばるぞ! ま、1級じゃなくても日本語愛は変わりません♥
 このブログでは、実用的で今すぐ役立つ日本語情報!…ではなく個人的にアンテナに引っかかった日本語アレコレをお届けします。たまに日本語とは一切関係のないネタが出てくるかもしれません。
 お茶のお供に、殺伐とした気分の鎮静剤として(逆効果だったらすみません)さらっと読んでやってください。

最新記事

「【22】こうしょう」への4件のフィードバック

  1. 「こうしょう」って同音異義語王なんですねえ。40ってスゴイ…
    私は超頑張って8つしか思い浮かびませんでした(^^;)
    どの用字なのかは文脈で判断するしかないけど、こんなにあったらどの字を使うのかも判らないかも。

    1. toyomさんコメントありがとうございます(=^x^=)
      八つ思い浮かんだだけでもすばらしいと思います!
      40以上の全ての意味を把握しておいて使い分けるのは至難の業ですよね(^_^;

  2. うん、そうだ。
    こうしよう(;^_^A

    最初に、題名を読んだとき、「こうしよう」と読んでしまいました。

    紙の辞書を使っていたころは、ある単語を調べると、
    その周辺の文字が目に留まって、他の単語が気になって…
    と、広がり?みたいなものがありましたね。

    スマホで同音異義語が出てくると、あれ?これで合ってたっけ?
    と妙に心配になったりします(;’∀’)
    同音異義語。漢字が表意文字だからなせる業なのかと思いきや。
    外国語にも同じ発音で、違う意味の言葉があったりするんだよね。
    あ~、ややこしや、ややこしや。
    でも、面白いですね。

    1. ゴーシさん♪コメントありがとうございます(=^x^=)
      確かに「こうしよう」にも見えますね
      「ょ」とか小さい文字の表記なんかも実はややこしさの一因となっているかもですね〜
      英語も、カタカナで書くと同じ表記になるのに、意味が違ったり、RとLで発音が違ったりと、オモシロいですよね♪
      いろんな国の言葉を勉強してみたいものです(=^x^=)

コメントを残す

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp