search search
contact contact

2021

05

26

【20】破る荒ぶる

こんにちは
LIGHTS LAB のライターかとうゆうこです。

かとぅーとでも呼んでください。

 

 

破天荒はてんこう)

この言葉を聞いてどのようなイメージが浮かびましたか?

 

 

荒々しくて豪快で大胆で無鉄砲で…

なんだかワイルドな人が浮かびましたか

 

 

実はそのイメージ
破天荒が持つ本来の意味とはちょっと違うのです

 

 

辞書によると

【破天荒(ハテンコウ)】
前人の成し得なかったことを初めてすること

冒頭のような意味ではなく
「前代未聞」「未曾有」と同義なのですね(=^x^=)

「天荒」とは「未開の荒れ地」のことで
それを「破った」ということです

 

由来は中国の古書『北夢瑣言(ほくむさげん)』

中国の唐の時代
合格者が1名も出ていなかった難関の官吏登用試験は
人々から「天荒」と言われていましたが
劉蛻(りゅうぜい)という人物が初めて合格し
「天荒を破った」と言われたという故事です

前人未踏の難関試験合格を見事成し遂げたことから
破天荒=前人の成し得なかったことを初めてする
という意味で使われるようになったのですね(=^x^=)

 

 

たとえば

世界記録を更新した彼のタイムは、まさに破天荒な記録だ

彼のアイデアは破天荒なものだが、試してみる価値はある

誰も解けなかった謎を解明するという破天荒な偉業に世界が注目した

といった使い方ができます

 

 

ワイルドな意味で使われるようになったのは
「破」「荒」
これらの漢字から受ける印象にも一因があるかもしれませんね
破るし荒ぶるし…
確かに暴れている感じがします…

でもイメージにとらわれず本来の意味で使うようにしましょう(=^x^=)

 

 

いかがでしたか(=^x^=)

一生に一度でも破天荒な何かを実現できるって
すばらしいことですよね!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最後までお付き合いいただき


ありがとうございます(=^x^=)♡


ご意見・ご感想・ご要望などコメントもお気軽に☆

プロフィール

 猫と鮭と苺を愛するLIGHTS LABのコピーライターかとうゆうこです。タイトル通り気長に日本語検定1級を目指しているのですが、覚えた先から忘れていくので受かる気がしません。がんばるぞ! ま、1級じゃなくても日本語愛は変わりません♥
 このブログでは、実用的で今すぐ役立つ日本語情報!…ではなく個人的にアンテナに引っかかった日本語アレコレをお届けします。たまに日本語とは一切関係のないネタが出てくるかもしれません。
 お茶のお供に、殺伐とした気分の鎮静剤として(逆効果だったらすみません)さらっと読んでやってください。

最新記事

「【20】破る荒ぶる」への2件のフィードバック

  1. よくテレビで「破天荒芸人」と見かけますが、
    大抵登場するのはハチャメチャな芸人さんですよね。
    ということは、ワイルドの意味で使われてるってことなんですかね…(笑)。

    1. フェザー・セレブレイトさん♪コメントありがとうございます(=^x^=)
      そうですよね、その場合はどう考えても偉業を成し遂げたという意味では使われていませんよね笑
      ああいった形で多くの人にウケることで、そっち方向のイメージが強まって違う方向の解釈が広がってしまうのでしょうね…(^_^;

コメントを残す

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp