search search
contact contact

2021

04

05

【16】くれるかもらうか

こんにちは
LIGHTS LAB のライターかとうゆうこです。
かとぅーとでも呼んでください。

 

 

相手から何かを受け取る時
「くださる」「いだたく」
という敬語表現を使うことがありますよね。

どちらもよく見かけますが
どっちが正しいの?
どう違うの?
と思ったことはありませんか。

今日はその違いについて考えてみたいと思います
(=^x^=)

 

 

まず基本を整理してみましょう

①くださる=くれるの尊敬語
「相手が自分に何かをしてくれる」
ということなので
行為の主体は「相手」

②いただく=もらうの謙譲語
「自分が相手に何かをしてもらう」
ということなので
行為の主体は「自分」

 

 

ですからたとえば
先輩がお菓子をくれた時
先輩にお菓子をもらった時

A 先輩が僕におかしをくださった
とは言いますが

B 先輩が僕にお菓子をいただいた
とは言いませんね。

「いただく」を使うなら
C 僕は先輩にお菓子をいただいた
と言います。

 

 

さらに細かいニュアンスを比べてみると
③相手がくれる
→相手が主体がなので、こちらが求めているかどうか、こちらの意志に関わらず、相手の意志によってなされている、自発的にしてくれるというニュアンスが強め

④自分がもらう
→自分が主体なので、こちらから求めて何かをしてもらう、求めていないことでも何かをしてもらったという受け身のニュアンスが強め

 

 

ではこのようなニュアンスの違いを踏まえると
次のような場合はそれぞれどちらがしっくりくるでしょう

E お祝いの品を送ってくださり、ありがとうございます
F お祝いの品を送っていただき、ありがとうございます

→通常「お祝いの品」は催促してもらうものではないので、相手が自発的に送ってくれたと解釈できます。つまり「相手がしてくださった」という意味でEの方が◎

 

G 頼んでいた本を探してくださり、ありがとうございます
H 頼んでいた本を探していただき、ありがとうございます

→自分の依頼に「応えてもらった」ということで、恐縮して自分をへりくだる気持ちがより強く表れるHが◎

 

I セミナーに来場してくださり、ありがとうございます
J セミナーに来場していただき、ありがとうございます

→事前に案内していた催しなどでは「忙しい中足を運んでもらって恐縮です」といった気持ちがより強く表れるJが◎

 

K 毎度ご来店くださり、ありがとうございます
L 毎度ご来店いただき、ありがとうございます

→「来てくれてありがとう」というもとの意味から考えると「くださり」のKが自然ですが、店からお客さまへの感謝を「来てもらった」とへりくだって伝えるという意味ではLでも◎

 

M 約束の時間を変更してくださいませんか?
N 約束の時間を変更していただけませんか?

→こちらの都合で「変更してもらいたい」というお願いの気持ちがより強く表れるNが◎

 

O この場所での喫煙はご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。
P この場所での喫煙はご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

→お願いでありならがも相手の自発的な遠慮を促し「禁止」の意志をより強く伝える場合はO、「吸いたいところ申し訳ないのですが…」とへりくだる気持ちを強調したいならPが◎

 

Q 部長が手伝ってくださることになりました。
R 部長に手伝っていただくことにになりました。

無理を言ってお願いしたのであれば「手伝ってもらう」のR、部長が自ら手を差し伸べてくれた場合はQでもいいが、上司にへりくだる意味ではRが◎

 

 

いかがでしたか(=^x^=)
ややこしいですね…。

こうして見ると
なんとなく「いただく」の方が丁寧で無難な気もしますが
どちらも丁寧な表現であることに変わりはありません。

上記の選択肢も、必ず片方が間違っているというものでもありません。

 

ではどのように使い分けたら良いのでしょうか。

基本的には
まずは主体が「相手」か「自分」かによって使い分ける方が
主語と述語がねじれることなく違和感のない文章を組み立てやすいと思います。

さらに
そこに「へりくだる」ニュアンスを含めるのが適当かどうかによって
最終的に使い分ける

このような流れで考えると
自分の中でもしっくりくる敬語表現が完成するのではないでしょうか
(=^x^=)

 

 

白か黒か!
ではなく
ほわ〜ん…と境界が曖昧なことも多く
相手との関係性や場面などに応じて
そこに思いを込めて言葉を選ぶのも
日本語の楽しみの一つ。

言葉は一歩間違えれば災いのものにもなりますが
自分の発する言葉を自分で選ぶことで
そこに責任が生まれると同時に
そこに思いが込められ
生きた言葉として相手の心に響くものとなります。

伝わる喜びを知るために
ぜひ
ややこしさも楽しんでみてください
(=^x^=)

** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最後までお付き合いいただき
ありがとうございます(=^x^=)♡
ご意見・ご感想・ご要望などコメントもお気軽に☆

プロフィール

 猫と鮭と苺を愛するLIGHTS LABのコピーライターかとうゆうこです。タイトル通り気長に日本語検定1級を目指しているのですが、覚えた先から忘れていくので受かる気がしません。がんばるぞ! ま、1級じゃなくても日本語愛は変わりません♥
 このブログでは、実用的で今すぐ役立つ日本語情報!…ではなく個人的にアンテナに引っかかった日本語アレコレをお届けします。たまに日本語とは一切関係のないネタが出てくるかもしれません。
 お茶のお供に、殺伐とした気分の鎮静剤として(逆効果だったらすみません)さらっと読んでやってください。

最新記事

コメントを残す

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp