search search
contact contact

2021

02

22

【11】 にゃんにゃんにゃん

にゃんにゃんにゃん♪
にゃんにゃんにゃん♪
にゃんにゃんにゃん♪

 

こんにちは
LIGHTS LAB のライターかとうゆうこです。
かとぅーとでも呼んでください。

 

さて
本日は2月22日
にゃんにゃんにゃん
ということで
猫の日ですね(*ΦωΦ*)

猫といえば
世界中でこんなに愛されているのに
なぜ十二支に猫がいないのか?
不思議ですよね

 

その理由には諸説ありますが
よく知られている理由の一つは

神様が動物たちに
「元旦に集まりなさい」
と告げたのに
ネズミが猫に
「二日に集まるんだって!」
とウソを伝えたから

以来、猫はネズミを追いかけるようになったとか

ひどい話です(T_T)
そりゃ追っかけたくもなります

さらに
遅れてやって来た猫に向かって
神様は
「今まで寝ていたのか!顔洗って出直してこい!」
とお怒りになったため
猫はよく顔を洗うようになったとか

うぅっ…かわいそう…(T_T)

猫の言い分も聞いてあげて…

 

ネズミにだまされたからにゃん!
と言い訳するわけでもなく
理不尽に怒られたにも関わらず
言いつけ通り洗顔とは
なんて素直でいじらしい!

というわけで
これからは猫年も入れて
十三支ってことで(*ΦωΦ*)

ちなみに
十二支に猫が入っている国もあるそうです
日本では認められなくても
海を渡って成功を手にしたスーパースターのようですね

そんな愛らしすぎる猫ですが
四字熟語、ことわざ、慣用句にもよく登場します

猫入りのものを
いくつかご紹介しにゃす(*ΦωΦ*)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

窮鼠噛猫
きゅうそごうびょう

窮鼠猫を噛む
よく聞きますね
そんな名前のアーチストもいたような

猫に追い詰められたネズミは
無我夢中で猫に噛みつくということから
弱者も窮地に立って必死になれば
思わぬ力を発揮し強者を倒すという意味です

猫の怒りを買い身の危険を感じたネズミは
ウソをついことを後悔したことでしょう
噛みつく前にごめんなさいと言えば
解放されるかもしれません

照猫画虎
しょうびょうがこ

虎の絵を描くために
似ている猫を手本にすることから
本質を理解せずに見た目だけ真似ることを意味します

虎を描きたくて猫を探している人を見かけたら
虎なら動物園にいますよ!
と教えてあげたいですね

虎を画きて猫に類す
とらをえがきてねこにるいす

勇猛な虎を描いたつもりが猫みたいに仕上がってしまったことから
素質のないものが優れた人を真似て失敗すること

せっかく動物園まで行って虎を描いたのに残念なことに…
それなら最初から猫を描いておけばよかった…

え? あれだけ言ったのに
動物園に行くのが面倒で結局猫を手本に描いた?
そりゃ猫になっても仕方ない…

猫&虎シリーズでもう一つ
猫は虎の心を知らず

外見は似ていても猫には虎の心は分からないことから
小物には大物の考えは理解できないということ

え? それを言うなら
ヒョウは? チーターは? 虎の心が分かるの?
猫だけが分からずやの代名詞とは失敬だこと
しかも小物扱いだなんて

猫鼠同眠
びょうそどうみん

猫とネズミが共に眠ることから
悪人とそれを取り締まる人もしくは
上の立場の人と下の立場の人が
示し合わせて悪事を働くこと

そうはいっても
二人とも眠っているだけってことは
無実ではないでしょうか

魚を猫に預ける
猫に魚の番

大好物の魚を猫のそばに置いたら
いつ食べられてもおかしくないことから
災いの原因をつくってしまうこと
危険で油断ならない状況のこと

なぜ魚を猫に託そうと思ったのか
ダメに決まっています
冷蔵庫にしまってください
ちゅーるの番も任せてはいけません

猫の魚辞退
ねこのうおじたい

本当は欲しくてたまらないのに
うわべだけ遠慮すること
その場だけで長続きしないことのたとえ

猫が魚を辞退するとは
よほど食べすぎたか体調が悪いか…
心配です

ところで
猫にまつわることわざには

猫に小判
猫の手も借りたい

など
猫があまり賢くなく役に立たないといったイメージのものもチラホラ

そりゃ確かに
小判をチラつかせても玉をとるだけだろうし
ヘルプを頼んでも逆に散らかすでしょう

この記事を書いている今も
上の部屋から
ドッタンバッタンドドドドドバババババと音がしています
何をひっくり返しているのでしょうか

しかし
それでいいのです

だって、猫だから

ただヌボーっと
そこにいるだけでいいのです

だって、猫だから

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最後までお付き合いいただき
ありがとうございます(=^x^=)♡
ご意見・ご感想・ご要望などコメントもお気軽に☆

プロフィール

 猫と鮭と苺を愛するLIGHTS LABのコピーライターかとうゆうこです。タイトル通り気長に日本語検定1級を目指しているのですが、覚えた先から忘れていくので受かる気がしません。がんばるぞ! ま、1級じゃなくても日本語愛は変わりません♥
 このブログでは、実用的で今すぐ役立つ日本語情報!…ではなく個人的にアンテナに引っかかった日本語アレコレをお届けします。たまに日本語とは一切関係のないネタが出てくるかもしれません。
 お茶のお供に、殺伐とした気分の鎮静剤として(逆効果だったらすみません)さらっと読んでやってください。

最新記事

「【11】 にゃんにゃんにゃん」への2件のフィードバック

  1. 猫、カワイイですよね…ホントに。
    ある獣医さんによると、猫は自分の安全と食料を確保するために「可愛い」に特化して進化した(^^;)と。
    科学的な根拠はともかく、思わず納得してしまう論理です。
    また猫は体格に割に戦闘能力が高いので、品種改良で大型化しないようにしているのだとか。
    確かにラブラドールやシェパードサイズの猫がいたら怖いですよね(^^;)

    1. toyomさん、コメントありがとうございます(=^x^=)
      生き抜くために可愛く進化するとは…
      今でいう、あざとかわいいというやつですかね
      うらやましい…私もそんなふうに進化したいものです♡

      シェパードサイズの猫! それはそれで会ってみたいですが
      猫パンチが強烈そうです(^_^;

コメントを残す

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp