search search
contact contact

2021

01

29

【8】じ ぢ ず づ

じ ぢ ず づ じ ぢ ず づ じ ぢ ず づ じ ぢ ず づ じ ぢ ず づ じ ぢ ず づ じ ぢ ず づ ………

じぢずづ軍が攻めて来るよ!
逃げて~

 

こんにちは
LIGHTS LAB のライターかとうゆうこです。
かとぅーとでも呼んでください。

 

いきなり攻撃を受けてびっくりしたな〜もう!

「モウ」といえば今年は丑年
だから今回は牛のお話かというと
そうではありません。

 

さて
冒頭で襲撃してきた「じ」「ぢ」「ず」「づ」の四文字
口にすると同じですが

「じ」と「ぢ」
「ず」と「づ」

文字にすると
あれ? どっちだっけ?
と迷うことはありませんか?

 

というわけで
今回は
じぢずづ問題再確認の巻

さっそく
練習問題
いってみましょう(=^x^=)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

以下の読み
「じ」と「ぢ」
「ず」と「づ」
それぞれどちらが正しいでしょうか?
(内閣告示 現代仮名遣いより)


あじ or あぢ


いずみ or いづみ

著しい
いちぢるしい or いちじるしい

生地
きぢ or きじ

無花果
いちぢく or いちじく

稲妻
いなずま or いなづま

頷く
うなづく or うなずく

築く
きずく or きづく


きずな or きづな

差し詰め
さしづめ or さしずめ

縮む
ちじむ or ちぢむ


さかずき or さかづき

地面
ぢめん or じめん

躓く
つまづく or つまずく

布地
ぬのじ or ぬのぢ

跪く
ひざまずく or ひざまづく

自ら
みずから or みづから

木菟
みみづく or みみずく

珍しい
めづらしい or めずらしい

融通
ゆうずう or ゆうづう

 

全問解けましたか(=^x^=)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

それでは解答いってみよ〜

味=あじ

泉=いずみ

著しい=いちじるしい

生地=きじ

無花果=いちじく

稲妻=いなずま

頷く=うなずく

築く=きずく

絆=きずな

差し詰め=さしずめ

縮む=ちぢむ

杯=さかずき

地面=じめん

躓く=つまずく

布地=ぬのじ

跪く=ひざまずく

自ら=みずから

木菟=みみずく

珍しい=めずらしい

融通=ゆうずう

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

いかがでしたか(=^x^=)

個人的には
「じ」より「ぢ」の方が
なんかジメジメしていてかわいらしい感じがします。

特にややこしいなと感じるのは「地」。
「地」はたとえば「地球(ちきゅう)」「地図(ちず)」のように
「ち」と読むから
濁ったら「ち」に濁点が付いて「ぢ」になりそうなものなのに
「地面(じめん)」「地震(じしん)」などのように
「し」に濁点で「じ」になってしまう。

まるで
「濁ってしまった俺は、もう元の自分には戻れないのさ…」
と道を外れてしまった自分を戒め全てを背負って生きる覚悟を決めているようです。

 

さて
最近は
パソコンなどで

たとえば

頷くを
「うなづく」
と打ってしまった時

確定する前に

《「うなずく」が本則》

などと教えてくれる親切な機能も付いています。

しかし
そうやってパソコン先生に指摘されてしまった時

くっそぉ~…やっちまったぜ!
いや、分かってたよ! 分かってたけど手が滑って…

と悔しくて言い訳してしまうくらいの気持ちで
正しい日本語にこだわってみてはいかがでしょう
(=^x^=)

スマホでも
読みを打てば自動的に漢字の選択肢を与えてくれる時代。
「読めるけど書けない」
という人が増えているといわれています。

与えられた選択肢の中から選んで確定するのもいいけれど
自分の頭の中にある辞書から
言葉を選び出そう
ちょっとだけ意識してみると
SNSなどで届く手書きではない文章にも
より一層心が込められるかも…?

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最後までお付き合いいただき
ありがとうございます(=^x^=)♡
ご意見・ご感想・ご要望などコメントもお気軽に☆

 

プロフィール

 猫と鮭と苺を愛するLIGHTS LABのコピーライターかとうゆうこです。タイトル通り気長に日本語検定1級を目指しているのですが、覚えた先から忘れていくので受かる気がしません。がんばるぞ! ま、1級じゃなくても日本語愛は変わりません♥
 このブログでは、実用的で今すぐ役立つ日本語情報!…ではなく個人的にアンテナに引っかかった日本語アレコレをお届けします。たまに日本語とは一切関係のないネタが出てくるかもしれません。
 お茶のお供に、殺伐とした気分の鎮静剤として(逆効果だったらすみません)さらっと読んでやってください。

最新記事

「【8】じ ぢ ず づ」への4件のフィードバック

  1. ホントだ…元の漢字の読みからすると「つ」や「ち」なのに、濁ると「ず」や「じ」になる…!
    >「濁ってしまった俺は、もう元の自分には戻れないのさ…」
    哀愁を感じます(笑)

    1. toyomさん、コメントありがとうございます♡

      不思議ですよね〜
      「ち」に最初に濁点を付けた人が間違えて「じ」にしてしまったのでしょうか(笑)。

      そして「ち」のつぶやきに哀愁を感じ取ってくださったtoyomさんも日本語愛の深い方なのだとうれしく思います(=^x^=)

  2. 元は「ち」なのに、「じ」と読むのは、

    なんでだろ〜なんでだろ〜、なんでだ、なんでだろ〜

    なぜ、そうなったのか、知りたくなりました。

    わかったら、教えてくださいね。

    1. ゴーシさん、コメントありがとうございます♪
      そうなんです、私もそこが気になります
      わかったらお知らせします(*ΦωΦ*)!

コメントを残す

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp