search search
contact contact

2020

12

23

【6】日本語検定「準」1級

こんにちは 

LIGHTS LAB のライターかとうゆうこです。 

かとぅーとでも呼んでください。 

 

先月11月14日に受けた日本語検定の結果が届きました! 

 

結果は 

1級準認定 

 

つまり 

準1級合格 

 

ということです。 

 

わっしょーい♪ 

 

いや、そうじゃない

つまり

1級は不合格 

クッ… 

まぁ試験終了時点の感触と自己採点で分かってはいたけれど。 

 

準…準…準… 

頭にちらつくこの「準」を取っ払いたいもんだぜ…。 

 

とはいえ 

準にすら引っかかるとは思っていなかったことと 

前回初めて受検した時よりも全領域において得点率もアップしていたので 

多少の成長は見られたということで 

ひとまずホッ…。 

 

ただ、受検者の平均得点率も前回より上がっていたので 

試験問題自体が全体的に前回よりも易しかったのでしょう。 

 

そう考えると安堵しているわけにはいきませぬ。 

そもそも1級認定には届いていないのだしね…シクシク…。 

 

準1級から1級への壁 

そして今回は易しめだったのではという難易度 

それを思うと 

1級合格へのイメージはまだつかめないのが正直なところ。 

気を引き締めて引き続きがんばるぞ! 

 

以下は今回のかとぅーの得点です。 

右重心のグラフ…

体幹を鍛えて筋骨のゆがみを修正しましょう。

 

六つの領域のうち「表記」「漢字」が苦手分野のようですね。 

「文法」は100点! 

これは素直に自分を褒めるとします 

(=^x^=) 

 

IMG_3754
IMG_3755

ちなみに以下は 

前回、1年前に初めて何の準備もなく「腕試し」受検した時の成績です。 

いや~厳しい…。 

 

この時も文法だけは絶好調

「ブンポゥーのかとぅー」と呼んでください。

 

 

IMG_3757
IMG_3758

かとぅーの日本語検定1級への道 

半年後のチャレンジに続く…(=^x^=) 

 

 

 

さて 

今回が今年のブログ納め。 

まだ始まったばかりですが 

読んでいただきありがとうございました! 

(=^x^=)♪ 

 

見えないウイルスに戦々恐々な年越しになってしまいましたが …

 

「せんせんきょうきょう」

漢検1級的表記は

「戦戦兢兢」

となります。

 

引き続き無理のない範囲で 

できることやお楽しみを見つけて 

皆さま良いお年を! 

(=^x^=)♪ 

 

最後までお付き合いいただき 

ありがとうございます

(=^x^=)♡ 

ご意見・ご感想・ご要望などコメントもお気軽に☆ 

 

 

 

プロフィール

 猫と鮭と苺を愛するLIGHTS LABのコピーライターかとうゆうこです。タイトル通り気長に日本語検定1級を目指しているのですが、覚えた先から忘れていくので受かる気がしません。がんばるぞ! ま、1級じゃなくても日本語愛は変わりません♥
 このブログでは、実用的で今すぐ役立つ日本語情報!…ではなく個人的にアンテナに引っかかった日本語アレコレをお届けします。たまに日本語とは一切関係のないネタが出てくるかもしれません。
 お茶のお供に、殺伐とした気分の鎮静剤として(逆効果だったらすみません)さらっと読んでやってください。

最新記事

「【6】日本語検定「準」1級」への6件のフィードバック

  1. おお!準1級合格、おめでとうございます!
    文法は満点!素晴らしい!!
    文法力は、コピーライターの必須能力ですよね。キャッチコピーは感性が担う部分も大きいですが、ボティコピーとなると文法力が無くてはお話になりませんから…
    本題ではありませんが、最近「難易度」という言葉が「難度」と同一の意味で使われることが多いので、モヤっています。
    本来はものさし的な意味合いの言葉だと思うんですけどねえ。

    1. toyomさん、コメントありがとうございます(*ΦωΦ*)♡

      難易度vs難度
      議論になりやすい言葉ですね

      本来は難度というべきという見解が一般的ですかね

      難易度というと
      易しいか難しいかの程度
      というニュアンスで

      難度というと
      どのくらい難しいかの程度
      というニュアンスでしょうか

      なので
      たとえば
      「非常に難しい」ことを伝えたいなら
      「難度が高い」
      というのが適切でしょうね

      難易度が高い
      だと
      高いのが「難しい」度合いなのか「易しい」度合いなのか迷わせてしまいそうです

      難易度が難しい
      難易度が易しい
      であれば伝わるとは思いますが

      ただ
      「難易度」も
      易しさのレベルというよりは
      難しさのレベルというイメージでとらえている人も多いので紛らわしいのでしょうね

      何となくの雰囲気で一般的に理解されている言葉も多いので
      正確に日本語を使おうとすると
      アレ?ということも多いですよね
      (⌒-⌒; )

  2. 準一級おめでとうございます㊗️
    もう来年には合格しちゃって、ブログのタイトル変えないといけなくなりますね!次の結果を楽しみにしています♪

    1. カジタニさん、
      ありがたきお祝いメッセージと共に
      強烈なプレッシャーをありがとうございます(*ΦωΦ*)!

      めでたく合格したら
      ブログのタイトルは
      「何度でも日本語検定一級を目指す」
      にしましょうかね

  3. わお~~~。
    準一級おめでと~~~(*’∇’)/゚・:*【祝】*:・゚\(‘∇’*)
    文法100点って、すっげ~。
    さすがですね。

    頂上は、すぐそこじゃないですか。
    もう見えてる…見えそう…

    応援してますね~(((o(*゚▽゚*)o)))

    1. ゴーシさん、ありがとうございます(*ΦωΦ*)♪
      奇跡的に「準」に引っかかりましたが、まだまだ気が抜けません〜
      ゴーシさんの応援を励みに引き継ぎ頑張りマッスル!!!

コメントを残す

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp