search search
contact contact

2020

12

21

【5】ケモノ

こんにちは

LIGHTS LABのライターかとうゆうこです。

かとぅーとでも呼んでください。

 

今回は日本語からちょっと脇道に逸れます。

 

かとぅーはちょいちょい山に登ります

そしてちょいちょい迷走します。

 

先日も広島市内のお山へGO!

500メートルに満たない里山です。

 

以前から気になっていた名物岩を見て

山頂でお弁当を食べて大満足で

いざ下山!

 

何度か登った山ですが

この日は初めて通る下山ルートへ向かいました。

 

最初は至ってフツーの山道

少し下ると見晴らしのいい岩場に出ました。

 

わぁー!きれいー!

下山口の学校も見えるぞ。

大きく深呼吸してリフレッシュ。

 

さぁさぁまだまだ下りますよー♪

 

おや?

 

進行方向、岩の向こうにロープが張ってある…

通せんぼ? 通行止め?

 

不思議に思ってMAPと自分の現在置を確認するも

予定の下山ルートはロープの向こうらしい

 

細いロープ。

絶対ダメ!とは言ってない気がする。

ロープの向こうは

少し急だけど

道?も?ある?よね?

MAPにもルートある?し?ね?

 

もう相当ハテナが飛び出し始めているこの時点で

過ちに気づくべし!

でしたが

進みたい自分に都合よく頭が回転。

 

無理そうなら早めに引き返そうと

結局ロープの向こう側へ進んでしまったかとぅー。

 

少し急だけどではない

 

二本足では無理がある傾斜なので

足をあきらめてお尻で滑降

落ち葉に埋め尽くされた斜面はいわば天然の滑り台

なかなかに滑り落ちます。

 

行手を阻む木の枝をかき分けかき分け…

 

ねぇ、かとぅー?

こんなことしなければ進めない時点で

うすうす、いや、もう気づいてるよね?

 

MAPを確認。

結構お尻をすり減らした気がするけど

先はまだまだ長い。

 

このままでは下山するころにはお尻消滅の危機

 

♪よ~く考えよ~お尻は大事だよ~

天使が歌う。

 

よし、引き返そう!

 

勇気ある決断みたいにドヤ顔だけど

今さら感満載。

 

でもまだ日は高い。

今なら明るいうちに下山できる。

 

振り返ると

どこを通ってきたのか分からない。

これがウワサのケモノ道。

 

お尻で滑降した道を

今度は四つ足で這い上がる。

 

木の根を掴み、岩を掴み、つま先を地面に突き刺して登る。

落ち葉で滑る足元。

 

この頃には

あー保険に入っててよかったー

とか思い始めている。

 

ひととき前の自分を恨みつつ

なんとかかんとか

ロープ地点まで戻り

別ルートで無事下山

 

人間用ルートは

お尻で滑降とか四つ足フル稼働とかしなくても

二本足で歩けます。

 

 

 

さてさて

このまま終わると

「ケモノ道からの生還を目指すコピーライターの迷走あーれーこーれー」

になってしまうので

今回は「ケモノ」について。

 

獣の意味を調べると

ケモノ、ケダモノ

「野生の動物」

「全身に毛があり、四つ足歩行する動物」

「人間として情味のない人をののしっていう」

などと出てきます。

 

二番目の意味からすると

あの日の私はほぼケモノだったといえます。

 

ジュウと読む場合

「怪獣」「野獣」など

こちらも恐ろしいものを表しています。

 

山で人間ができれば遭遇したくないケモノといえば

イノシシ、シカ、クマあたりでしょうか。

 

ケモノ!ケダモノ!

と呼ばれるのは誰しもいい気はしませんが

イノシシやシカやクマたちを

いわぬるケモノとして見下すのもどうかなという気もします。

 

もちろん

彼らによってさまざまな害を及ぼされるのも事実なので

単純にかわいそうだとか共存がうんぬんとか言うのも違うのですが。

 

今年は人混みを避けて山に出かける人が増えたと聞きます。

 

人里に下りてきた彼らと出くわすのとは違って

山に入るということは

彼らのテリトリーに足を踏み入れるということ

 

そういった意味では

ケモノケモノ!と忌み嫌うだけでなく

彼らの習性を理解して行動することが大切ですよね。

安全に山を楽しむためにも。

(=^x^=)

 

 

 

今回は特にためになる日本語情報はありませんでしたが

こんな日もあります。

 

ちなみに

帰ってから検証すると

私がたどったルートは正規ルートから微妙にズレていたことが判明。

後日あらためて正しいルートを歩き

無事人間に戻りました

(=^x^=)

 

 

 

最後までお付き合いいただき

ありがとうございます(=^x^=)♡

ご意見・ご感想・ご要望などコメントもお気軽に

 

プロフィール

 猫と鮭と苺を愛するLIGHTS LABのコピーライターかとうゆうこです。タイトル通り気長に日本語検定1級を目指しているのですが、覚えた先から忘れていくので受かる気がしません。がんばるぞ! ま、1級じゃなくても日本語愛は変わりません♥
 このブログでは、実用的で今すぐ役立つ日本語情報!…ではなく個人的にアンテナに引っかかった日本語アレコレをお届けします。たまに日本語とは一切関係のないネタが出てくるかもしれません。
 お茶のお供に、殺伐とした気分の鎮静剤として(逆効果だったらすみません)さらっと読んでやってください。

最新記事

「【5】ケモノ」への2件のフィードバック

  1. 読みながら、ひやひやしました。
    そのまま進むと、捜索隊の世話になってたかもしれません(⌒-⌒; )
    何はともあれ、無事で良かったです。

    1. ゴーシさん、コメントありがとうございます♪
      ご心配をおかけし申し訳ございません
      (⌒-⌒; )
      山では無理は禁物です!

コメントを残す

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp