search search
contact contact

2020

12

14

【4】緊急事態

こんにちは

LIGHTS LAB のライターかとうゆうこです。

かとぅーとでも呼んでください。

 

先週から年明け2月に実施される漢検の受検受付がスタートしまして

1級受検を申し込みました!

 

11月半ばに勉強方法を仕切り直してまだ1カ月

そういえば11月に日本語検定を受けて今日でちょうど1カ月

月日がたつのは早いなぁ。

 

現在の学習ペースでは2月の検定にとても間に合わないのですが

それはさておき(おくんかい)

学習しながら受け続けつつ合格を目指そうと思っております。

どうか受検料のムダとか言わないでつかぁさい。

 

話は変わって

このところ

あのウイルスが年末の行動予定にいろいろと影響を与えていますね。

ここ広島においても「過去最高」といった文字がニュースで流れ

再び緊急事態宣言が出るのか…など不安の声も聞かれます。

 

今年は

緊急事態宣言」

「不要不急の外出自粛」

など

「急を要する」

について判断を求められる場面が多いですね。

 

そこで

「急を要する」

「思いがけない事態」

「どうにもならない」

「危険が迫っている」

など気持ちがせかせかドギマギしちゃう言葉

を集めてみました。

 

アレもダメこれもダメと閉塞感つのる日々

「自粛要請が出ているけどこのくらいは…」

ついそんな気持ちになることもあるかもしれません。

 

そんな時

自分が思う「このくらい」は

以下の言葉に当てはまりますか?

もし当てはまらないなら

今は辛抱の時なのかもしれませんね。

 

いくつご存じでしょうか。

それではどうぞ(=^x^=)

 

緊急 きんきゅう

緊切  きんせつ

緊迫 きんぱく

喫緊(吃緊)きっきん

火急 かきゅう

早急 さっきゅう/そうきゅう

危急 ききゅう

警急 けいきゅう

応急 おうきゅう

至急 しきゅう

特急 とっきゅう

急迫 きゅうはく

急場 きゅうば

急変 きゅうへん

事変 じへん

変事 へんじ

変局 へんきょく

非常 ひじょう

有事 ゆうじ

焦眉 しょうび

危機 きき

不虞 ふぐ

不時 ふじ

切迫 せっぱく

切羽詰まる せっぱつまる

差し迫る さしせまる

のっぴきならない

 

ありすぎでしょう…

同じような意味を表す言葉がこんなにも!

日本人はどれだけ急ぐのが好きなの…

 

三つか五つくらいずつまとめられるならまとめてしまって

もう少し整理整頓してみてもいいのではと思いますが

ちょっとしたニュアンスの違いなどで使い分けて

より絶妙な感覚を伝えるというのも日本語の魅力ともいえるかもしれませんね

(=^x^=)

 

個人的に

のっぴきならない

という響きがなんとなくツボです。

 

ひらがなだと

なんとなく危機感が足りないような…     

「の」とか「ぴ」とか

マイルドな響きのせいですかね。

 

しかし

漢字で書くと

退っ引きならない

となり

退くことも引くこともできない

つまり

避けることができない

身動きが取れない

どうにもならない

ことを表しており

れっきとした緊急事態用語なのです。

 

例文)

うちの猫がちゅーるを食べねぇたぁ

のっぴきならねぇ事情があるにちげぇねぇ

というように使います

(=^x^=)

 

焦眉

という言葉は

普段あまり使わないかもしれませんが

眉を焦がすほど火が身近に迫っている

ことから

危険が迫っていることを意味します。

あ…い…やめて…

お…恐ろしい…

 

その昔、眉ではなく前髪を焦がしたことがあります。

眉より少し上でしたが

それでも焦りました。

 

眉じゃなく

心を燃やせ

とある方はおっしゃっています。

 

なんにせよ

危険に迫られながらせわしなく過ごすより

のんびり平和に暮らしたいものです。

(=^x^=)

 

 

 

今年もあと半月。

何かと身動きが取りづらい年末になってしまいましたが

無理のない範囲でできることやお楽しみを見つけて過ごしましょう

(=^x^=)♪

 

最後までお付き合いいただき

ありがとうございます(=^x^=)♡

ご意見・ご感想・ご要望などコメントもお気軽に☆

 

プロフィール

 猫と鮭と苺を愛するLIGHTS LABのコピーライターかとうゆうこです。タイトル通り気長に日本語検定1級を目指しているのですが、覚えた先から忘れていくので受かる気がしません。がんばるぞ! ま、1級じゃなくても日本語愛は変わりません♥
 このブログでは、実用的で今すぐ役立つ日本語情報!…ではなく個人的にアンテナに引っかかった日本語アレコレをお届けします。たまに日本語とは一切関係のないネタが出てくるかもしれません。
 お茶のお供に、殺伐とした気分の鎮静剤として(逆効果だったらすみません)さらっと読んでやってください。

最新記事

「【4】緊急事態」への4件のフィードバック

  1. おぉ…こんなに「急」を表す言葉があるとは、今さらながら驚きです。
    それにしても字面を見るだけで、何だかそわそわしてきますね~。
    一方で「急がば回れ」なんて表現もあって、どっちやねん!な気持ちです(^^;

    1. toyomさんコメントありがとうございます
      (*ΦωΦ*)♡

      確かに!
      日本には矛盾するのでは?って思える教えもいろいろありますよねー

      急がば回れ!
      とはいえ場合によっては
      善は急げ!
      それぞれ自己責任で!

      って感じでしょうか
      (⌒-⌒; )

  2. うわー、こんなにあるのか…。
    どれが、ほんとに急ぎなの?
    優先順位は?
    焦れば焦るほど、ドツボにハマるものです。

    そんなときこそ、深呼吸。
    「あせらない、あせらない、ひと休み、ひと休み」って、昔、一休さんも言ってたし。
    まずは、落ち着いて、現状把握。
    その後、優先順位を決めて、頭の中でシュミレーション。
    絶対大丈夫、何とかなると自分に言い聞かせて、
    あとは、全集中で(^^)v

    ほとんどのことは、何とかなるものです。

    とはいえ、どうにもならないときは、あきらめることも大切だったりします。

    無理は続きませんから。
    健康第一でね(⌒-⌒; )

    1. ごーしさん、コメントありがとうございます♪
      新しいお急ぎ用語を生み出す前に、同じに意味で使える言葉がないか確認した方がよかったのではと思いますよね
      それこそ、焦らずに
      (⌒-⌒; )
      急!とか言われると気ばかり前のめりになりますが、集中と呼吸!大事ですねー
      (=^x^=)

コメントを残す

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp