search search
contact contact

2020

11

25

【2】日本語検定1級って難しいの?

こんにちは

LIGHTS LAB のライターかとうゆうこです。

かとぅーとでも呼んでください。

 

さて

前回はかとぅーが目指している日本語検定とはなんぞや?

についてお話ししました。

今回は

なぜかとぅーは受検する気になったのか

についてお話しします。

 

実は昨年(2019年)の秋まで

このような検定があることすら知りませんでした。

そんなある日、上司から

「日本語検定受けてみたら」

とまあ、簡単にいうとそんな感じで言い渡され

久しぶりに勉強らしい勉強するのも新鮮で楽しそうだし

「はーい、受けてみまーす」

てな感じで気軽に決めました。

 

どれどれ…

どんな試験? 難易度は? どんな問題?

ゲームに勝つには敵方のリサーチも大事です。

 

調べていくと…

1級は認定率10%前後!?

え…なかなかの難関じゃない…

 

ちょっと過去問見てみよう

え…読めない漢字のオンパレード

 

いやいやいやいや…

上司も気軽に言ってくれたよねー

私も気軽に受け入れたよねー

 

これは一筋縄ではいかないぞと

今さらながら気づいたかとぅー。

ライターとして日ごろから多くの日本語にふれているとはいえ

それとこれとは別問題。

 

敬語や文法については

これまでの経験からそれなりに解けないことはなさそうだけど

それでもあらためて理論的に考えるとあやふやな部分も多い。

さらに漢字や語彙など普段は見かけないような知らない言葉が多すぎる…

 

たとえば穴埋め問題。

穴を埋める以前に、穴の前後に並ぶ言葉も読めなくて意味も分からないので

予測して解答することもできない。

 

なんじゃこれは…

でも受けるといった以上は受けるしかない。

 

まず現段階で

自分のレベルがどの程度なのか

知らないことには対策もできないので

受検を決めてから数週間後の11月に実施される検定に急きょ申し込み

ろくに受検勉強もしないまま

とりあえず真っさらなかとぅーのまま受けたのです。

 

結果は惨敗

当然です。

 

文法領域だけは領域別得点率90%を超えていたのがせめてもの救いでしたが

あとの領域は惨敗。

 

特に悩ましいのが漢字など覚えるしかない領域です。

吸収力抜群のティーンエイジャーだった頃とは違い

覚えた言葉が頭に定着しないのなんの。

 

ティーンエイジャーの自分に説教したいことは山ほどあるけど

記憶力に関しては頭が上がりません。

いや、決して当時の記憶力がズバ抜けていたわけではありませんが…今よりは…。

 

私より数歳上の友人は

「私は今日覚えたことを明日には忘れてるわ、あはははー」

と笑っていましたが

私は今覚えた四字熟語を次の四字熟語を覚えたら忘れてるわ、あはははー。

 

体験談や対策などを調べるうちに

漢字は漢検1級レベルに該当するものを学んでおく必要がありそうと知り

漢検1級対策用のアプリも活用。

 

漢検1級配当の漢字って

私にとってはもはや図柄です。

小学校の頃「薔薇」を一生懸命覚えたのが懐かしい。

なぜそんな漢字を覚えようと思ったか。

当時好きだったアイドルが歌う曲に使われていたからですね。

 

そうこうしているうちに余計なことを思いついた。

 

せっかく勉強するなら

ついでに漢検1級も受けたらいいんじゃない?

 

「せっかく」とか「ついでに」ってなんだよ…

 

無謀な自分にそそのかされて

今年2月に実施された漢検1級を受検してしまった。

こちらも検定当日までろくに受検勉強もしないままに

 

なので結果は明らか。

しかも最大の弱点である漢字に特化した検定ですから

日本語検定より無残なわけです。

 

ちなみに結果は4点でした。

※200点満点中です。

恥ずかしいから文字を小さくしてみたよ。

 

でも落ち込みません。

自信を持って解答できた問題は1問もなく

0点だと思っていたのでむしろ上出来。

 

だって勉強してないんだもん。

必死で勉強したのにできなかった…ってわけじゃないもん

 

と自分に優しい言い訳も用意してありますし。

 

…いや、そうじゃないだろ

結果はどうあれ、頑張らなかった自分を恥じるべきです。

4点だぞ、おい。

 

2020年6月の日本語検定は

新型コロナウイルスの影響で11月に振替。

というわけで、せっかく十分に時間ができたのに

日ごろの仕事やその他の用事にかまけて結局たいした進歩もないまま受検

 

もちろん結果は…。

 

難しい検定だし、受からなくても仕方ない

そんな気持ちがどこかにあって真剣に向き合っていなかったこの1年。

 

2019年11月 日本語検定腕試し受検

2020年2月 漢検無謀受検

2020年11月 日本語検定二回目進歩ナシ受験

 

三度の検定を受検しましたが

何一つ手応えのないまま

むだじゃ、むだじゃ…むだじゃこうねずみもあきれます。

 

今思えば、たった1年、されど1年

チョビチョビでも地道に勉強を続けていれば

合格しないまでも何かしらの進歩があったはずなのにもったいない。

かとぅーのばかばか。

 

ここでなぜかようやく

本気出そう!

謎のやる気がわいてきたかとぅー。

 

遅い…

なぜ今になって?

自分でもよく分かりません。

 

このやる気スイッチもいつまでON状態でキープできるか分かりませんが

先日11月14日に日本語検定2度目の受検が終わった直後から

テキストや教材、勉強法を見直して仕切り直しているところ

 

周囲にも

本気出す! 宣言

まぁ日ごろの行いから

有言不実行でも驚かれない程度の信頼度ではありますが

やはり公言しているのとしていないのとでは

気の引き締まり方も違うってもんです。

 

もともと日本語が好きだから

本気で取り組めば言葉の勉強は楽しいもの。

現在は最弱の漢字対策のため漢検1級をベースに勉強中

正直、漢検1級範囲の言葉は実用的とはいえませんが

知らなかったことを知るという体験はやはりワクワクするものです。

ただし記憶力は別問題。

 

って

仕切り直してまだたったの2週間ですけどね、あはははー。

 

さてさて

どうなることやら。

続報はまたそのうち。

 

かとぅーの検定迷走道中はいったん置いといて

次回は何かしら「言葉」について触れてみたいと思います

 

今回は長くなってしまいましたね。

にもかかわらず

最後まで読んでいただきありがとうございます(=^x^=)♡

プロフィール

 猫と鮭と苺を愛するLIGHTS LABのコピーライターかとうゆうこです。タイトル通り気長に日本語検定1級を目指しているのですが、覚えた先から忘れていくので受かる気がしません。がんばるぞ! ま、1級じゃなくても日本語愛は変わりません♥
 このブログでは、実用的で今すぐ役立つ日本語情報!…ではなく個人的にアンテナに引っかかった日本語アレコレをお届けします。たまに日本語とは一切関係のないネタが出てくるかもしれません。
 お茶のお供に、殺伐とした気分の鎮静剤として(逆効果だったらすみません)さらっと読んでやってください。

最新記事

「【2】日本語検定1級って難しいの?」への8件のフィードバック

  1. むむむむっ!

    トンネルの出口が見えん~(;^_^A

    そ~いえば、どうして2級からとか、3級から受験しないのでしょう?

    いきなり1級って ( ゚Д゚)

    すでに、2級は持っとるけん。
    って、ことでしたら、ごめんなさい m(_ _)m

    応援してま~す.。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。.

    1. いえ、何も持っていないのですよ、これが。
      無謀実践中です!
      応援ありがとうございます(=^x^=)

  2. 日本語は、漢字・ひらがな・カタカナと文字種が多く、敬語など独特の表現もあって、多言語が母語の人にとってはややこしい言語でしょうね(^^;)
    私は大学でフランス語を第二外国語で履修したのですが、動詞変化のあまりの多彩さと発音の難しさに早々にリタイアしました…どの言語も使えるようになるまでは苦難の道のりなんでしょうね。
    バイリンガルとかトライリンガルとか、何カ国語も話せる人の頭はどうなっているんでしょうか…
    先日仕事で日本語・英語・スペイン語ができる方に会ったのですが、めっちゃカッコよかったです。うらやましい~

    1. toyomさん、コメントありがとうございます(=^x^=)
      いろいろな言葉をつかいこなせる人かっこいいですよね〜♪
      分かる言葉が多いということはそれだけ世界も広がるということですし、できることならいろいろな国の言葉を学びたいものです。
      まずは日本語をまともに使えないと…ですが(^_^;

  3. 資格らしい資格を運転免許証くらいしか持ってないので9月に漢検2級を受けました。
    頑張って勉強して合格できましたが
    3ヶ月経った今 覚えたはずの漢字がもう書けなくなっています(–;)
    これが老化?
    やばいので
    来春漢検準1級にチャレンジします。
    カトゥーさんも頑張ってください

    1. パンちゃん、漢検二級合格おめでとうございます!
      さらなるチャレンジ!カンケニスト?カンケニャー?として共に頑張りましょう!
      脳と筋肉は裏切らない!はず!(?)

  4. あなた馬鹿ですか?本当に何も知らずに行動に移してるんですね。日本語検定1級合格に必要な漢字力が漢検1級相当なわけがないでしょ。しかも漢検も勉強せずに落ちるし。そりゃそうでしょw日本語検定の過去問とか問題集とかちゃんと見ましたか?見ていないからこその発言ですよね。本当に恥ずかしいです。こうやって公の場に書き込みをする前にもう少し考えてから書いた方がいいですよ。無知すぎてこちらが恥ずかしいです。本当に見ていて呆れました。

    1. Yuuさんコメントありがとうございます(=^x^=)
      あきれられるのもごもっともです(^-^;

      おっしゃるとおり、日本語検定1級の漢字領域=漢検1級レベルというのは、実際に日本語検定を受検して問題集などで勉強を進めていくうちに、そこまでではないなということが分かってきました。
      それでも知らない言葉がまだ多いですけど。
      漢字以外の苦手領域も分かったので、そのあたりもしっかり対策しないと! と思っています。
      準1級はクリアできたのですが、あと一歩が悩ましいといった感じです(^-^;

      漢検1級は、合格が厳しいのは重々承知なのですが、知らない熟語などがたくさん出てくるのは面白いので、受検はさておき、知識をたくわえるという気持ちで楽しみがてらにちょこちょこ勉強は続けようかなと思っています♪

      あきれながらも読んでいただき喝を入れてくださってありがとうございました(=^x^=)

コメントを残す

広島の企画デザイン制作会社「中本本店ライツ・ラボ」

© LIGHTS LAB. NAKAMOTOHONTEN.Corp